いちご鼻は重曹洗い

イチゴ鼻を解消するには、重曹がお勧め。

 

開いた毛穴に再び角栓ができないようにするには、重曹が入ったもので洗顔するのが効果的。

 

毛穴に角栓が溜まるイチゴ鼻は、毛穴が開いている限り角栓を取ったってあまり解決にはなりません。

 

根本的に解決するには、毛穴をしっかり引き締めながら丁寧に洗顔するのが重要なんです。

 

重曹が入ったものでの洗顔は、毛穴の引き締め効果が高いので、お勧めなんです。

 

イチゴ鼻の原因は毛穴なので、開いてしまった毛穴を引き締めるのは根本の治療に役に立ちます。

 

日頃の洗顔に取り入れると、悩みの早期解決ができるかもしれません。

 

重曹に水を加えてペースト状にし、問題の部分を軽くこするのもいいでしょう。

 

でも、水を加えると弱アルカリ性になるので、お肌に合わないと思ったらすぐ使用をやめてください。

 

あくまでもお肌には優しく丁寧が基本なので、こすったりするのはダメですよ。

 

かえって肌荒れの原因になってしまいます。

 

毛穴の引き締め効果と言うより、イチゴ鼻の改善効果を実感されている人はたくさんいます。

 

ただ、効果は個人差がありますし、自分の肌質に合うかどうかもあります。

 

肌に違和感を感じた場合は、すぐに使用をやめてください。

 

最初は、市販の洗顔料なんかで試すのもいい方法かもしれませんね。

いちご鼻には塩?

塩がイチゴ鼻にいいらしいです。

 

イチゴ鼻を治すには、毛穴の中の酸化して黒くなった古い角栓や皮脂などを取り除くだけではダメなん

 

です。

 

取り除くだけでは、毛穴がひらいたままになり、また皮脂が溜まって元に戻ってしまいます。

 

その後の毛穴ケアを大切にしないと、一向に改善しないものです。

 

皮脂汚れを取り去った後、毎日の洗顔の時など、毛穴を引き締めることが大切になります。

 

そのために自然塩を使う方法が、最近はやってきています。

 

もちろんあら塩で肌をゴシゴシとこすって鼻の頭を傷つけるようなことはしませんよ。

 

かえって逆効果ですからね。

 

自然のミネラル塩できめの細かなもので、優しく丁寧にデリケートな鼻に塗ると、効果があるようなの

 

です。

 

軽く洗顔した後に、1日おきくらいに塩を使います。

 

そうすると毛穴の汚れがとれ、そして毛穴がだんだん引き締まってくるのです。

 

もちろん1回で即効性はありません。

 

継続して使うと、鼻の毛穴が目だたくなっていくのです。

 

塩を選ぶ時には、特にミネラル分が高く、きめ細かなものを選んでください。

 

ただ、いくら細かくても、力を入れれば傷つけるだけですから、あくまで優しく丁寧に撫でるように塗

 

ることを心がけてください。

 

余計な力は要りません。