いちご鼻はオリーブオイルで解消

イチゴ鼻

オリーブオイルが、イチゴ鼻の毛穴の角栓や皮脂などの溜まった汚れを取るのに効果的って聞いたこと

 

ありますか?

 

汚れの取り方を知らないから、毛穴パックやシールなどを使っていたりしませんか?

 

でも、毛穴の奥までなかなかとれていなかったり、とれたところは毛穴が開きっぱなし、なんてことに

 

なっていませんか?

 

それを続けていても、同じ状態を繰り返すだけで、毛穴はますますゆるんでイチゴ鼻が繰り返されるだ

 

けです。

 

そこでオリーブオイルを使った、キレイに角栓を除去する方法がお勧めなんです。

 

この方法は毛穴の汚れを優しく、そしてしっかりと浮き上がらせられます。

 

アルコール系の界面活性剤の入った洗顔料では必要な皮脂まで落としてしまうので、皮脂の過剰分泌に

 

なるだけですし、乾燥肌も引き起こして、肌トラブルのもとになります。

 

最初に、イチゴ鼻にたっぷりオリーブオイルを塗ります。

 

その上にティッシュをかぶせてシップのような状態で10分から15分おいておきます。

 

次にティッシュをとって、指の腹で優しく鼻にオリーブオイルをクルクルと撫でまわすように塗りこみ

 

ます。

 

それからティッシュで拭き取ります。

 

その後、熱めのタオルで1分ほど顔を温め、もう一度優しく拭き取ります。

 

ここまでやれば、毛穴に詰まった皮脂汚れはオリーブオイルの油分に溶けて浮き上がり、キレイに取り

 

去ることができます。

 

最後に冷やした化粧水でパッティングし、冷やしたタオルで鼻を冷やして毛穴を引き締めます。

 

ほとんどの毛穴の黒ずみはこの1回で取れてしまうでしょう。

 

それでも残っているのなら、2,3日開けて、もう一度行ってください。

 

事後処理の毛穴の引き締めは大切なステップです。

 

また、毛穴ケアとしてビタミンC誘導体が入った化粧水やコラーゲン配合の化粧水などを使って、しっ

 

かりと保湿しましょう。

 

毛穴をしっかり閉じて、しっかりと保湿することが、イチゴ鼻のケアには必要です。


いちご鼻はニベア!

イチゴ鼻に試してほしいのが、ニベアクリームを使った対処方法。

 

意外と簡単なんです。

 

皮脂や古い角栓も簡単に取り除けます。

 

効果はもちろん、個人差がありますが、結構この方法で改善されたという人は多いんですよ。

 

もちろん、お肌の肌質に合う、合わない、がありますから、使うときには他の部分で使ってみてから、

 

チャレンジしてみてくださいね。

 

ニベアクリームでの改善方法は、まずスッピンになります。

 

ニベアクリームをたっぷり鼻に塗り込みます。

 

20分〜30分おいて、お風呂に入ります。

 

湯船につかりながらマッサージをします。(比較的強めでもOK)

 

そのまましばらく放置します。

 

おふろから上がる直前にクレンジングで丁寧に洗い流します。

 

お風呂からあがったら、冷やしたタオルを顔に当て、毛穴を引き締めます。

 

最後に美容液を塗り、冷やしたスプーンでポンポンとパッティングをします。

 

こうすれば、皮脂や角栓を取り除いて毛穴を引き締めることができます。

 

スッピンの状態から始めますから、休日などに行ってみてください。

 

ビックリするくらいツルツルになります。

 

イチゴ鼻でもかなりの効果が出せます。

 

ただ、お肌に合わないと思ったら、すぐやめてくださいね。

いちご鼻には塩?

塩がイチゴ鼻にいいらしいです。

 

イチゴ鼻を治すには、毛穴の中の酸化して黒くなった古い角栓や皮脂などを取り除くだけではダメなん

 

です。

 

取り除くだけでは、毛穴がひらいたままになり、また皮脂が溜まって元に戻ってしまいます。

 

その後の毛穴ケアを大切にしないと、一向に改善しないものです。

 

皮脂汚れを取り去った後、毎日の洗顔の時など、毛穴を引き締めることが大切になります。

 

そのために自然塩を使う方法が、最近はやってきています。

 

もちろんあら塩で肌をゴシゴシとこすって鼻の頭を傷つけるようなことはしませんよ。

 

かえって逆効果ですからね。

 

自然のミネラル塩できめの細かなもので、優しく丁寧にデリケートな鼻に塗ると、効果があるようなの

 

です。

 

軽く洗顔した後に、1日おきくらいに塩を使います。

 

そうすると毛穴の汚れがとれ、そして毛穴がだんだん引き締まってくるのです。

 

もちろん1回で即効性はありません。

 

継続して使うと、鼻の毛穴が目だたくなっていくのです。

 

塩を選ぶ時には、特にミネラル分が高く、きめ細かなものを選んでください。

 

ただ、いくら細かくても、力を入れれば傷つけるだけですから、あくまで優しく丁寧に撫でるように塗

 

ることを心がけてください。

 

余計な力は要りません。